読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピーフライトの舞台挨拶

僕の彼女はサイボーグ以来のはるか姫。今日の舞台挨拶はCAの衣装で、コロコロを引いて出てくる。しかも、ステージからみて、左側の通路の後ろから登壇してくる。私は後ろのほうだったけど、通路近くだったから、すぐ真横を通り過ぎた。きれいきれい(マジックアワーは右側から登壇していた)。
はるか姫は、コロコロを壇上に持ち上げられず、手伝ってもらっていた。コロコロのかばんの中には、先頭が飛行機で、「ハ」「ツ」「ピ」「−」・・・という感じの万国旗のようなのが出てきた。登壇者全員で写真をとった。さらに、その中には紙飛行機があって、みんなでプレゼントとして飛ばした。前方の人しかもらえないけど。はるか姫は天然で突っ込みたくなるとか、吹石恵からいじめられているとか、舞台挨拶でも突っ込まれていた。
あと、J社のCAからも「映画を見るよ(がんばってだっけウル覚え)」と声をかけられたらしい。ライバル社なのでアナウンサから振られても、はるか姫はモゴモゴ答えづらそうだった。変な質問したら、スポンサにも迷惑かかるんだから、アナウンサは事前に調べろよ。
http://eiganavi.gyao.jp/news/2008/11/post-d685.html

映画自体は、スイングガールズよりは、いまいちだった気がする。ストーリの展開が下手過ぎる。ほとんど素人でも組みたてられそうなストーリ、2年もかかった歳月が良くわからん。ストーリは平凡で、そのなかの小物(シーン)を工夫している感じ。もっともっとストーリにも工夫がほしかった。内容はネタ晴らしになるので、やめとく。一番良かったのは、スッチ姿のはるか姫かな。映画というよりは、テレビのノリかな。