読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セカチュウ検定 第三話

話は進み、おじいちゃんがなくなり、サトさんと一緒に骨を撒いて、マリア様だっこまで。何回見てもセカチュウの画像はきれいだなぁ。で、セカチュウを見ながら、テスト問題を作りながら、内容を復習中。

(1)朔太郎の父は、じいちゃんの写真館を継ぐけれど、もとの職業は
 なんだったでしょうか?
・農協
・信用金庫
・教師

(2)ロミオとジュリエットの夏休み明けから練習が始まるが、
 演出家が決まってない。朔太郎が立候補するけど、その理由は?
・小学校の読書感想文で優秀賞
・中学校の卒業文集で表彰
・国語の成績はよかった

(3)亜紀のお父さんは建築事務所を経営しているようです。発注した後なのに、
 依頼主からある設計仕様を変えてくれと言われたようです。その仕様は?
・朝シャン
・フローリング
・部屋の鍵

(4)ぽちが死んだウンヌンのラジオを聴きながら、朔太郎から
 もらった来た写真をみてる。その裏には、古い中国の詩が書いてある
 「夏の日、冬の夜、百歳の後、その居に帰せむ」この作者は?
・葛生
・諸葛
孟子

(5)学校を二人ともサボり、朔太郎の家に上がりこむ。そこで「やること
なんてひとつしかないでしょう?」と亜紀がけしかけた。朔太郎は
どのように抑えられたか?
・鼻をつまむ
・おでこを手で押さえる
・顔をそらす

(6)「シフトを増やしてもらったから」といいつつ、おとうさんに
 タバコに関して、いやみ(?)を言い始めた。さて、どれでしょうか。
・タバコは一週間で一箱にするんだよ
・タバコは禁煙するんだよ
・タバコは控えるんだよ。

(7)おじいちゃんの骨をなくしたと、朔太郎がうそ言った。それを
 真に受けた亜紀は学校を探し始める。朔太郎が探している亜紀を
 見つけたときに言ったことは?
・知らないうちに見つけて、いい格好しようとしてた
・知らないうちに見つけて、驚かそうとしていた
・知らないうちに見つけて、知らないうちに返そうとしていた

(8)おじいちゃんが出征し、サトさんが見送りに来た駅は、百瀬駅です。
 この駅は実在する駅ですが、なんと言う駅で撮影されたでしょうか?
 実在する駅の、トイレはとても臭かったです。雰囲気ぶち壊し。
五井駅
月崎駅
里見駅

(9)通称マリア様だっこ。亜紀から手を差し伸べ、朔太郎が動けないところを
亜紀が抱きかかえる。朔太郎が言わなかったせりふは?
・世界で一番美しいものをみた
・世界で一番やさしい音をきいた
・世界で一番やさしい人だった

(10)マリア様だっこから、現実にもどってくる。小林がビールをもってくるが
そのとき朔太郎が言った言葉は?
・小林、抱きしめてもらって良いかな。
・小林、少し時間をもらえないかな。
・小林、病院を飛び出して来てごめん。

第四話の検定はこちら